FANDOM


8973 ラアヌは、2009年1月に発売された14個のバイオニクルシリーズだった。

ラアヌの伝記(でんき) 編集

砂漠(さばく)惑星(わくせい)バラ・マグナ編集

ラアヌは、バラ・マグナの(うえ)(わな)にかけられるままにしておかれた。(かれ)はバルカナスの(むら)()みにすぐに()たと、それはその(とき)混乱(こんらん)にあった。()(かれ)らの(いえ)左側(ひだりがわ)であったことで(かく)れているままでいたけれども、(おお)くの居住者(きょじゅうしゃ)廃棄物(はいきぶつ)()げた。ラアヌは努力(どりょく)(つく)(なお)すことを組織(そしき)するのを(たす)けて、(むら)溶岩流(ようがんりゅう)金属(きんぞく)ツールと武器(ぶき)修理(しゅうり)したために使(つか)われることができることを示唆(しさ)した。ベテランの戦士(せんし)「セルタヴス」がアリーナ試合(しあい)のシステムを村間(むらかん)紛争(ふんそう)解決(かいけつ)するために提案(ていあん)したとき、ラアヌは(かんが)えに(たい)する(かれ)支持(しじ)宣言(せんげん)した。(まえ)年上(ねんうえ)ボロックスによって殺害(さつがい)されたとき、これは、(むら)(たい)する(かれ)(ほか)のサービスとともに、(むら)リーダーとして(かれ)選挙(せんきょ)(いた)った。

結局、彼の第2グラトリアン(マルム)の作用は、ラアヌと村のために問題を含むようになった。アリーナ試合のヴァスタスの残忍な敗北はマルムに村民とグラトリアンのイカリをもたらすと、結局、それが彼らの素数のグラトリアン(ムラがバルカナスの挑戦に拒否する他)を作られるマルムであるという知らせを、ラアヌは受けた。ラアヌはマルムに接近して、彼に彼の気分を鎮めるよう頼むのだ。しかしマルムは拒絶した。結局、疾患は長いアリーナ戦争のあとストラックを殺そうとしたが、グレッシュアッカーによって止められた。他のいかなる選択をあとにも残されないで、ラアヌはマルムをカレらの村から追放して、帰ることから、彼を禁じた。

動画編集

Bionicle Review Agori Raanu

Bionicle Review Agori Raanu

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。