FANDOM


75112 グリーヴァス将軍」も参照(さんしょう)
Grievous 2014

グリーヴァス将軍( - しょうぐん、General Grievous)は、同じ名前の特徴に基づいて、『スター・ウォーズ』のミニフィギュアだった。重大な現在2本の異なるバリエーション(2014年である彼のごく最近の出演)による6人のセットで現れる。

解説編集

グリーヴァスは『スター・ウォーズ/シスの復讐』と『クローン・ウォーズ』のサブテーマに登場する『スター・ウォーズ』のテーマの主要キャラクターだった。ミニフィギュアには、頭、体、4人のドロイドの腕、一組のドロイドの脚があった。後者の2つはバトル・ドロイドの部分と同じデザインの部分で、黄色の代わりに白い色をしていた。

ただし、「8095 グリーバス将軍のスターファイター」、レゴはデザインを変え、グリーヴァスがシリーズの外観に似ていて、身体から水平に伸びる首と、機械的ではない新しいボディを与えるのだ。頭は新しいもので、顔や目にペイントしてもらう。グリーバスには新しい足と腕が与えられ、彼の装飾はやや桃色だった。

グリーヴァスには、将軍の最初の化身(緑2本、青2本)と「7656 グリーバス将軍のスターファイター」の両方を含む4本のセットのライトセーバーがあり、またガンが付属していたのだ。グリーバスには、 「7673 マグナガード・スターファイター」と 「7752 ドゥークー伯爵のソーラー・セーラー」のセットに登場するマグナガードという名のドロイドのボディーガードもあるのだった。

レゴ®のホームページの説明(せつめい) 編集

これはレゴ®のホームページの解説(かいせつ)です。

グリーヴァス将軍(しょうぐん)は、クローン大戦中(たいせんちゅう)分離(ぶんり)主義(しゅぎ)のドロイド(ぐん)指揮(しき)する。カリーシュの戦士(せんし)だった将軍(しょうぐん)は、ジェダイの(ちから)嫉妬(しっと)し、自分(じぶん)戦闘(せんとう)能力(のうりょく)とスピードを強化(きょうか)するためにサイボーグとなることを(えら)んだ。4(ほん)のライトセーバーを(いち)()(あやつ)るため、よりすぐりのジェダイの騎士(きし)にとっても(おそ)ろしい(てき)だ。


外部リンク 編集

テンプレート:スター・ウォーズのミニフィギュア